このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30225
本文ファイル
別タイトル
北日本のサクラマスにおける粘液胞子虫Myxobolus arcticusとM.neurobiusの出現状況
著者
Awakura, Teruhiko
Urawa, Shigehiko
キーワード
サクラマス
脊髄
延髄
寄生虫
粘液胞子虫類
Myxobolus arcticus
Myxobolus neurobius
寄生率
生物標識
北海道
本州
NDC
動物学
抄録
北海道および本州北部の7河川に回帰したサクラマス親魚とオホーツク海, 日本海および北太平洋の日本沿岸を回遊するサクラマスにおける粘液胞子虫Myxobolus arcticusとM. neurobiusの寄生率を調べた. Myxobolus arcticusは主に本州の日本海沿岸河川に分布したが, M. neurobiusは北海道のオホーツク海と日本海沿岸河川のサクラマスに多かった. 海洋で漁獲されたサクラマスにおける両種の寄生率は多様であり, 日本沿岸を回遊するサクラマスは様々な河川を起源とする混合群により構成されると推定された. 海洋でのこれら粘液胞子虫類2種の地理的および季節的出現傾向は, サクラマスが秋期にオホーツク海から日本海へ南下移動するという仮説を裏付けている.
抄録(英)
Adult masu salmon (Oncorhynchus masou) from seven rivers in Hokkaido and northern Honshu were examined for the geographical distribution of Myxobolus arcticus and M. neurobius in northern Japan. Maturing masu salmon from Japanese coastal waters of the Okhotsk Sea, Japan Sea, and western North Pacific Ocean were also studied for the prevalence of these myxosporeans. Myxobolus arcticus occurred mainly on the Japan Sea coast of Honshu, whereas M. neurobius was found in Hokkaido along the coasts of the Okhotsk Sea and Japan Sea. Sea-caught masu salmon showed various degrees of infections with M. arcticus and M. neurobius. This indicates that masu salmon migrating in Japanese coastal waters are a complex of mixed stocks that originate in various rivers. Prevalence data support the recently proposed autumn migration route of maturing masu salmon from the Okhotsk Sea to Japan Sea.
掲載誌名
北海道さけ・ますふ化場研究報告
49号
開始ページ
35
終了ページ
40
出版年月日
1995-03
出版者
水産庁北海道さけ・ます・ふ化場
ISSN
0441-0769
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1995 独立行政法人水産総合研究センター さけますセンター
関連情報URL(IsVersionOf)
http://salmon.fra.affrc.go.jp/kankobutu/srhsh/data/srhsh365.htm
部局名
生物圏科学研究科