このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30217
本文ファイル
別タイトル
日本海のキュウリエソ稚魚に寄生していたウオジラミ類のカリムス幼生
著者
Ho, Ju-shey
キーワード
parasitic copepod
pearlsides
Caligus
Maurolicus muelleri
Sea of Japan
NDC
動物学
抄録
本州沖合の日本海で採集されたキュウリエソ稚魚(全長8.81-13.12mm)にウオジラミ属(Caligus)のカリムス幼生(I, II, III, IV期)の寄生が認められた. この寄生虫の成虫はキュウリエソ成魚には認められず, キュウリエソ稚魚はこの寄生虫の中間宿主の役割を果たすと考えられる. また, この寄生虫は韓国沿岸(東シナ海)のスズキから報告されたCaligus seriolae Yamagutiに形態が極めて似ているが, 成虫は日本海から報告されていない. この寄生虫が本当に沿岸性魚類に寄生する種であるならば, キュウリエソが稚魚のときに近海で過ごすことを示唆するものであろう.
抄録(英)
The larvae of the pearlsides [Maurolicus muelleri (Gm elin)], ranging from 8.71 to 13.12 mm in total length, collected off central Honshu in the Sea of Japan were found carrying the chalimus larvae (chalimus I, II, III, and IV) of a species of Caligus. The larvae of M. muelleri are considered acting as an intermediate host for this species of Caligus whose adult is yet to be reported from the teleost(s) of the Sea of Japan. However, it bears close resemblance to "Caligus seriolae Yamaguti" occurring on a coastal fish, Lateolabrax japonicus (Cuvier). This would indicate that the larvae of M. muelleri have spent sometime in the neritic waters.
掲載誌名
遠洋水産研究所研究報告
38巻
開始ページ
7
終了ページ
11
出版年月日
2001-03
出版者
遠洋水産研究所
ISSN
0386-7285
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
関連情報URL(IsVersionOf)
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/library/jnr/enyo.html
部局名
生物圏科学研究科