このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30216
本文ファイル
別タイトル
大型表層性魚類からの寄生性カイアシ類の記録
著者
Ho, Ju-shey
キーワード
parasitic copepods
offshore pelagic fishes
Japan
NDC
動物学
抄録
和歌山県勝浦沖で開催されたKatsuura Billfish Toumamentの際に漁獲された大型表層性魚類から, 以下の寄生性カイアシ類6種を得たので, 宿主名とともに報告する:ハナガタムシAnthosoma crassum (Abildgaard)[宿主: アオザメ], シイラジラミCaligus coryphaena Steenstrup & Lütken[宿主: カマスサワラ, キハダ], カジキジラミGloiopotes huttoni (Thomson)(=G. longicaudatue)[宿主: クロカジキ, マカジキ, バショウカジキ], カマスサワラジラミ(新称)Gloiopotes hygomianus Steenstrup & Lütken[宿主: カマスサワラ], サメジラミPandarus satyrus Dana[宿主: アオザメ], マグロヒジキムシ(新称)Pennella filosa (Linnaeus)[宿主: クロカジキ, フウライカジキ]. アオザメからのハナガタムシおよびクロカジキとマカジキからのカジキジラミを除いて, 他種はすべてわが国における新宿主からの記録である. マグロヒジキムシは, 今回, 世界で初めてクロカジキとフウライカジキから記録された.
抄録(英)
Six species of parasitic Copepoda were recovered from seven species of offshore pelagic fishes caught off Katsuura, Wakayama Prefecture in July, 1992-1994. They are: Anthosoma crassum (Abildgaard) on Isurus oxyrinchus Rafinesque; Caligus coryphaenae Steenstrup & Lütken on Acanthocybium solandri (Cuvier) and Thunnus albacares (Bonnaterre); Gloiopotes huttoni (Thomson) on Makaira mazara (Jordan & Snyder), Tetrapturus audax (Philippi), and Istiophorus platypterus (Shaw & Nodder); G. hygomianus Steenstrup & Lütken on A. solandri; Pandarus satyrus Dana on I. oxyrinchus; and Pennella filosa (Linnaeus) on M mazara and Tetrapturus angustirostris Tanaka. Except for the findings of A. crassum on I. oxyrinchus and G. huttoni on M mazara and T. audax, all of the remaining records are new to the hosts in Japan. Pennella filosa is recorded for the first time from M. mazara and T. angustirostris in the world.
掲載誌名
遠洋水産研究所研究報告
38巻
開始ページ
1
終了ページ
5
出版年月日
2001-03
出版者
遠洋水産研究所
ISSN
0386-7285
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
関連情報URL(IsVersionOf)
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/library/jnr/enyo.html
部局名
生物圏科学研究科