このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39739
本文ファイル
別タイトル
Analysis of Japanese Conjunctive Particles in Tasks Related to Dialogic Language Assessment with Emphasis on Student Developmental Stage
著者
朱 桂栄
キーワード
DLA(Dialogic Language Assessment)
タスク
接続助詞
外国人児童
学年
NDC
教育
抄録(英)
This paper aims to clarify the use of Japanese conjunctive particles in tasks related to Dialogic Language Assessment (DLA). With a focus on the students’ developmental stage and the kind of tasks, this study made the following two findings. (1) Speaking in DLA involves two kinds of tasks: one relates to frequently used conjunctive particles (i.e., daily routine, fire truck, and story-telling tasks); the other relates to rarely used conjunctive particles (i.e., vocabulary check, classroom, sports, and new teacher tasks). (2) In tasks that involve frequent use of conjunctive particles, the particle te is most commonly selected. In addition, with increasing student developmental stage, various conjunctive particles, such as tara, kedo, kara, and node, are employed.
内容記述
本研究は,2013年度JSPS科研費25284096(基盤研究(B)『アーティキュレーションを保証する言語能力アセスメント実施支援システムの構築』研究代表者:渡部倫子)の助成を受けたものである。
掲載誌名
広島大学日本語教育研究
26号
開始ページ
23
終了ページ
27
出版年月日
2016-03-25
出版者
広島大学大学院教育学研究科日本語教育学講座
ISSN
1347-7226
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 広島大学大学院教育学研究科日本語教育学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧