このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28685
本文ファイル
別タイトル
Vibrio anguillarumの病原性に及ぼす鉄化合物接種の影響
著者
Kanno, Tsuyoshi
Cruz, Erlinda R.
Muroga, Kiyokuni
NDC
動物学
抄録
ウナギにクエン酸鉄アンモニウムを筋注し(10μg/g), その後 V.anguillarum 感染を図ると, 菌の LD50 値は10 7.9から10 4.2CFU/100gにまで低下した。同様の現象は FeSO4 およびクエン酸を加えた FeCl3 の接種によっても認められ, 体内における過剰な鉄の存在は V.auguillarum の病原性を著しく高めることが確かめられた。しかし, V.auguillarum に対するアユの感受性は鉄化合物を接種されても殆んど変化しなかった。ウナギ血清における菌の増殖は鉄化合物の添加により著しく促進されたのに対し, アユ血清では鉄の添加に関係なく十分な増殖が認められた。
抄録(英)
When Japanese eels (Anguilla japonica) were injected intramuscularly (IM) with ferric ammonium citrate (FAC) at a sublethal dose of 10 μg/g and followed by IM-injection with various doses of Vibrio anguillarum, FAC injection enhanced greatly the virulence of the pathogen to eels, lowering the LD50 value from 10^7.9 to 10^4.2 CFU/100 g. Similar effects were obtained with ferrous sulfate and ferric chloride in eels. However, such a virulence-enhancing effect of FAC was scarcely observed in ayu (Plecoglossus altivelis), which has high susceptibility to the pathogen by nature. It was also found that addition of FAC (10 μg/ml) in fish sera accelerated the bacterial growth in vitro but the effect was much greater in eel serum than in ayu serum. The results of these in vivo and in vitro experiments demonstrated that the availability of free iron in host fish would have a significant influence on the pathogenesis of V. anguillarum infection.
掲載誌名
魚病研究
22巻
4号
開始ページ
185
終了ページ
189
出版年月日
1987-12
出版者
日本魚病学会
ISSN
0388-788X
1881-7335
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1987 The Japanese Society of Fish Pathology
部局名
生物圏科学研究科