このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28683
本文ファイル
別タイトル
First records of Pseudomonas anguilliseptica infection in cultured ayu, Plecoglossus altivelis
著者
花田 博
室賀 清邦
NDC
動物学
抄録
1982 年から 1984 年にかけて, 静岡県下の養殖アユ(Plecoglossus altivelis)に Pseudomonas anguilliseptica 感染症が発生し, 少なからぬ被害をもたらした。これは養殖アユにおける本菌感染症の初発生例であるが, 分離株は従来のウナギ由来株とはウナギ(Anguilla japonica)およびアユに対する病原性, および新鮮血清の殺菌作用に対する対抗性において相違した。また血清学的には, 両者は共通の耐熱性抗原を有するものの, アユ株にはウナギ株に存在するK抗原とは異なる抗原性をもつ表在抗原が認められた。
抄録(英)
In 1982 to 1984, 3 cases of Pseudomonas anguilliseptica infection occurred in pond-cultured ayu, Plecoglossus altivelis, in Shizuoka Prefecture. The outbreaks of the disease have been reported exclusively in eels, thus this is the first record of the infection in ayu fish.

Biochemically, the isolates from diseased ayu were identical to P. anguilliseptica isolates from eels (Anguilla japonica and A. anguilla). However, the ayu-isolates were proved different from eel-isolates in the pathogenicity to ayu and Japanese eel, resistance to bactericidal action of normal fish sera, and a surface antigen.
掲載誌名
魚病研究
20巻
4号
開始ページ
481
終了ページ
484
出版年月日
1985-12
出版者
日本魚病学会
ISSN
0388-788X
1881-7335
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1985 The Japanese Society of Fish Pathology
部局名
生物圏科学研究科