このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28681
本文ファイル
別タイトル
Lowered Phagocytosis in the Blood of Eels Exposed to Copper
著者
虫明 敬一
室賀 清邦
NDC
動物学
抄録
致死濃度以下の銅液(100,250μg-Cu/l)に浸潰したニホンウナギ血漿コルチコステロイド量は, 12時間銅処理魚において最高値を示した。血中の白血球数(リンパ球, 顆粒球)は24時間銅処理魚において最も減少した。白血球の Edwardsiella tarda に対する食作用を in vitro で調べたところ, 24時間処理魚の白血球の食菌率は対照区のそれの半分程度に低下していた。以上の結果から, 先に報告した銅処理によるウナギの E. tarda などに対する感受性の増大は, ストレスの3次反応であり, 主として白血球の食菌作用の低下に起因するものと考えられた。
抄録(英)
In a previous paper, the authors reported that the susceptibilities of Japanese eel (Anguilla japonica) to Edwardsiella tarda and Pseudomonas anguilliseptica were increased by exposure to sublethal concentrations of copper (100 or 250 μg-Cu/l) for 24 or 48 hours, and this was interpreted as a tertiary response to stress. In the present study, primary and secondary responses to stress caused by copper exposure were investigated.

The apparent increase of corticosteroids was observed in eels exposed to copper for 12 hours. The numbers of lymphocytes and granulocytes in the 24 hour-exposed eels decreased to one third of those of control fish. It was also demonstrated by an in vitro test that phagocytic rate of leucocytes in the blood of the stressed eels lowered against E. tarda but not against Vibrio anguillarum.

From these results, the increased susceptibility to the pathogens is interpreted as due to lowered phagocytosis.
掲載誌名
魚病研究
20巻
1号
開始ページ
49
終了ページ
53
出版年月日
1985-06
出版者
日本魚病学会
ISSN
0388-788X
1881-7335
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1985 The Japanese Society of Fish Pathology
部局名
生物圏科学研究科