このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 548
本文ファイル
著者
房前 浩二
藤原 宏美
江刺 幸政
NDC
教育
抄録
新指導要領が告示され「ゆとり」のなかで「特色のある教育」を展開して, 生徒自身に自らが学び考える「生きる力」を育成することが大きな柱となっている。当校保健体育科では長年にわたって「生涯体育・スポーツ」を基本において「自己教育力」という概念を中心に「生きる力」を育む授業のあり方を検討してきた。今回は, バスケットボールをとりあげ, 生徒一人ひとりが, 課題設定, 実践, 反省を繰り返しながら学習を進めることによって, 主体的に学習に取り組み, 自らを高めていこうとする能力や態度を育てようとした。毎時間の生徒の個人学習ノートに書かれた課題や反省, 授業終了後のアンケートから, 「教え合い⇔学び合い」の活性化とスクリーンプレイなどの技術面ではいくらか課題は残るものの, 生徒たちは, 各自が毎時間課題を設定し, 考え, 工夫し, 意欲的に取り組んだ。課題を達成する喜び, 自らが上達する楽しさを感じた授業であった。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
41巻
開始ページ
89
終了ページ
98
出版年月日
2001-03-17
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧