このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26361
本文ファイル
別タイトル
Improvement of cooperative creativity through learning in elective subject (Arithmetic / Mathematics)
著者
村上 良太
川﨑 正盛
妹尾 進一
NDC
教育
抄録
広島大学附属三原学園算数科・数学科では, 算数科・数学科における協同的創造力を, 「これまで学習してきた基礎的な知識や技能を活用して, 他者とかかわり合いながら, 新しい考え方を身に付けたり, 課題を追究していこうとする力」と捉えた。そして, 協同的創造力の基盤としての創造性の基礎を, 「既習事項を広げたり, 関連付けたりする力」, 「多面的に物事を見る力」, 「自分の考えを共通の言葉を使って筋道立てて分かりやすく構成し, 表現する力」の3つの力の総体と理解し, 日々の授業実践を通して重点的に指導し, 学習を通して構造化された知識そのものも『創造性の基礎』として位置づけたいと考える。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
337
終了ページ
342
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧