このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48547
本文ファイル
別タイトル
A Chronological Record of Narushima Nobuyuki’s Career (19)
著者
久保田 啓一 大学院文学研究科 広大研究者総覧
キーワード
成島信遍
道筑
錦江
幕府書物方日記
坂倉九郎次
坂倉源次郎伊教
徳川吉宗隠退
抄録(英)
In my previous paper, I had serially recorded Narushima Nobuyuki’s career from 1689 to 1745. This paper presents a detailed account of the articles provided to him at the end of 1745.
In the summer of 1745, Nobuyuki composed a Shinpo-ou-iso-no-jo, a foreword to Sakakura Kurouji’s wake left by the deceased.
On July 7, it was officially announced that Tokugawa Yoshimune, the eighth shogun of the Tokugawa shogunate, would retire soon. On September 25, Yoshimune was transferred from Honmaru to Nishi-no-maru. During this time, Nobuyuki composed an Ari-no-susabi and an Otonoutsuri, and infused them with sentiments.
In addition, he performed his usual responsibilities as a mediator between the dignitaries in Tokugawa Yoshimune’s shogunate and the librarians of Momijiyama Library.
内容記述
本稿は、令和元年度科学研究費補助金基盤研究(C)「成島信遍研究―幕臣文人の事績を通して見る近世中期江戸文壇の特徴―」による研究成果の一部である。
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
79巻
開始ページ
1
終了ページ
15
出版年月日
2019-12-25
出版者
広島大学大学院文学研究科
ISSN
1347-7013
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧