このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30521
本文ファイル
別タイトル
A Pilot Study for Establishment of Educational Guidelines of Pre-clinic Practice of Pediatric Dentistry in Japan : (1) Overview of educational contents of pre-clinical practice
著者
林 文子
内川 喜盛
木本 茂成
田村 康夫
中島 一郎
小野 俊朗
有田 憲司
新谷 誠康
福本 敏
鈴木 淳司
土屋 友幸
キーワード
小児歯科学
基礎実習
アンケート調査
Pediatric dentistry
Pre-clinical practice
Questionnaire
NDC
医学
抄録
全国歯科大学・大学歯学部における小児歯科学基礎実習(臨床前実習)の実態を知る目的から, 29歯科大学・大学歯学部を対象にアンケート調査を行った。アンケートの項目は①ラバーダム装着, ②保護者へのブラッシング指導, ③フッ化物歯面塗布, ④予防填塞, および⑤咬合誘導とした。

ラバーダム装着で対象となっている歯は第一大臼歯などであり, 臼歯部を対象としている大学が多かった。一方, 上顎乳前歯を対象としている大学もあった。保護者へのブラッシング指導で対象としているのは「3歳」, 指導方法は「仕上げ磨き」であり, さらに実習方法は「ロールプレーイング技法jが最も多かった。実習で行われているフッ化物歯面塗布の方法は, 「綿球法」, 使用しているフッ化物は「フッ化物ゲル」が最も多かった。予防填塞の対象歯は第一大臼歯が最も多かったが, 第二乳臼歯を対象としている大学もあった。咬合誘導において, 歯列模型分析を行っているのは17校, 側方歯群長の予測を行っている大学は13校であった。能動的咬合誘導は専門性が高いという回答もあるかたわら, セファロ分析を行っている大学もあった。

以上より, 各歯科大学・大学歯学部において, 基礎実習(臨床前実習)の内容に速いがあることが判った。今回の調査結果は各歯科大学・大学歯学部が自校の実習内容を検討していく上で重要な資料になると考えられる。
抄録(英)
For sophisticated instruction of dental educators. it is essential to comprehend educational contents for pre-clinical practice of pediatric dentistry among all dental schools in Japan. Because there are no publications on this problem, this questionnaire survey was conducted to investigate it. This study provides an actual situation of the pre-clinical practice of pediatric dentistry at all dental schools in Japan.

The results were as follows:

1. Rubber-dam installation was most frequently performed on the first molar.

2. Giving tooth brushing instruction to the guardian of the pediatric patient was most frequently performed with children 3 years of age.

3. Gel was used most frequently for the topical application of fluoride.

4. Pit and fissure sealant was most frequently performed on the first molar.

5. Study model analysis was taught among 17 dental schools. Mixed dentition analysis was learned among 13 dental schools.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
47巻
1号
開始ページ
24
終了ページ
32
出版年月日
2009-03-25
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
医歯薬学総合研究科