このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35463
本文ファイル
別タイトル
Situation of the Education for Hearing-Impaired Pupils in Sweden : Brief Overview of the Project Report Published by the Swedish National Agency for Special Schools for the Deaf and Hard of Hearing (SPM) in 2009 <Brief Note>
著者
キーワード
聴覚障害教育
ろう学校
スウェーデン
SPM
手話
NDC
教育
抄録
わが国における特別支援教育は,平成25(2013)年度から学年進行による特別支援学校高等部での新教育課程の施行が始まり,前年には,中央教育審議会からインクルーシブ教育の在り方に関する答申も出された。特別支援教育の場面が多様化する一方で,特別支援学校における専門性の向上が改めて求められている。特別支援学校(聴覚障害)においては,これまでの手話の使用を巡る議論が,その広がりとともに学力の向上に向けた議論に移ってきているといえる。今後の聴覚障害教育の充実に向けた視点について,手話使用の先進国であるスウェーデンにおいても同様の傾向が見られる。スウェーデンにおける聴覚障害教育は,1980年代から,ろう学校を中心として手話を用いた教育が展開されてきた。2007年にスウェーデン国内で聴覚障害教育に関する全国レベルでの実態調査が行われ,その結果が報告書にまとめられた。本稿では,筆者らによる報告書の翻訳の概要について紹介し,今後の聴覚障害教育における視点について述べる。
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要
12号
開始ページ
69
終了ページ
74
出版年月日
2014-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧