このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45513
本文ファイル
別タイトル
Child-rearing Support with Collaboration between Municipalities and Hiroshima Universities: A Parent and Child Classroom to Support the Development of Language
著者
本渡 葵 大学院教育学研究科
林田 真志 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
川合 紀宗 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
若松 昭彦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
牟田口 辰己 大学院教育学研究科
キーワード
地域連携
子育て支援
大学教育
region cooperation
parenting support
university education
NDC
教育
抄録
本稿は、広島大学「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(大学COC 事業)」障がい者支援領域における、未就園児を対象とした子育て支援活動「のびのびくらぶ」の実施報告である。本活動は自治体と連携し、1歳半健康診査で「要経過観察」と判断された幼児とその保護者を対象としている。平成28年度は、計16回の活動を実施した。参加親子は各期5組、計10組20名であった。活動の企画・運営には本学学生ボランティア17名が参加した。参加した保護者10名のうち8名が「ことばの発達」に不安を抱いていると事前調査で回答していた。そのため、活動に絵本の読みあいを取り入れ、学生と参加児で自由に読みあうことを試みた。自治体との連携は、各期開始前後の打ち合わせ、毎回の活動後の振り返りおよび学生へのフィードバック、自治体主催の親子クラブへの学生参加、年度終わりの総括会議などを行った。
抄録(英)
This paper is a report of FY 2016 implementation of child rearing support activities for prekindergarden children in Hiroshima University“ Program for Promoting Regional Revitalization by Universities as Centers of Community : COC”. This activity cooperates with municipalities and covers infants and their guardians who have been judged to be “required follow-up observation” in medical examination for 1 year and a half. This activity is in collaboration with local governments, and infants and their parents who are judged to be “required follow-up” in health examination for 1 and half years are participating. In FY 2016, a total of 16 activities were conducted. Participating parents and children were 5 pairs in each period, totaling 10 pairs of 20 people. 17 student volunteers from our university participated in the planning and operation of activities.
In the preliminary survey, eight of the 10 parents who participated answered that they were concerned about “children’s development”. For that reason, we took reading of the activity picture book and tried reading freely with students and children participating. Collaboration with municipalities was conducted before and after each activity, each activity was handed over to the students, and feedback was given to the students. Students also participated in parent-child clubs sponsored by municipalities and held general meetings at the end of the year.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
16号
開始ページ
37
終了ページ
41
出版年月日
2018-03-21
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧