このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19812
本文ファイル
別タイトル
A method for accurate reconstruction of fundus volume data from radially cross-sectional images
著者
田中 優
桧垣 徹
曽根 隆志
三嶋 弘
キーワード
3次元眼底形状再構成
放射状のスキャン
ボリュームデータ
眼底
OCT
3D shape reconstruction
radially scanned imange
volume data
fundus
OCT
NDC
電気工学
医学
抄録
医学の分野において,眼病の早期発見および経過観察のために,眼底の3次元形状の詳細な観察が望まれている.本論文では,Optical Coherence Tomography (OCT)を用いて,放射状にスキャンされた複数枚の断面画像から,眼底ボリュームデータを高精度に構築する手法を提案する.すなわち,眼球の動きによる回転誤差を考慮して,スキャン時に生じるスキャン位置のずれを合わせる手法を開発した.この手法を用いて構築した眼底ボリュームデータに可視化処理を施すことにより,眼底表面形状とともに,眼底内部構造も観察が可能となり,医師の診断支援になることが期待される.
抄録(英)
In medicine, detail observation of a three-dimensional fundus shape is necessary for diagnosing eye-disease accurately and checking the treatment process. In the paper, we propose a method for accurate reconstruction fundus volume data from cross-sectional images scanned radially with an optical coherence tomography (OCT). We developed the method for correct deviation from positions of cross-sectional images taking into account errors caused by eye movement. Visualizing the fundus volume data generated by the proposed method, the fundus shape and the internal structures can be easily observed. The method is a promising technique for diagnosis of eye-disease.
掲載誌名
MIRU 2007 画像の認識・理解シンポジウム論文集
開始ページ
487
終了ページ
492
出版年月日
2007-07
出版者
画像情報フォーラム
言語
日本語
NII資源タイプ
会議発表論文
広大資料タイプ
会議発表論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 画像情報フォーラム
関連情報URL
部局名
工学研究科
医歯薬学総合研究科