このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17082
本文ファイル
著者
Nishikubo, Shuichi
Ikura, Masae
Fujiwara, Tamaki
Komatsuzawa, Hitoshi
NDC
医学
抄録(英)
Clinical Actinobacillus actinomycetemcomitans produces cytolethal distending toxin (CDT) with titers varying from 102 to 108 U/mg. SNP analysis of the Cdt gene in clinical isolates identified a variation of single amino acid at residue 281 of CdtB, which significantly affected CDT toxicity by modulating chromatin degrading activity of CdtB.
掲載誌名
Infection and Immunity
74巻
12号
開始ページ
7014
終了ページ
7020
出版年月日
2006-12
出版者
American Society for Microbiology
ISSN
0019-9567
NCID
出版者DOI
PubMedID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 2006 American Society for Microbiology.
関連情報URL(IsVersionOf)
http://dx.doi.org/10.1128/IAI.02063-05
部局名
医歯薬学総合研究科