このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49573
本文ファイル
別タイトル
Organizing of Active Learning Models in Science Classes (2)
著者
樋口 洋仁
浅海 詩織
磯﨑 哲夫 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
竹下 俊治 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
松浦 拓也 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
抄録(英)
The purpose of this study is to organize active learning models in science classes. Through classroom practice from elementary school to upper secondary school, we observed the following: 1) the "reciprocal of internalization and externalization," which means collaborative and cooperative learning, is the key to active learning in science lessons; 2) by creating a "subject skeleton," teachers can gain clarity regarding the promotion of deep learning and organize active learning models in science classes.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
46号
開始ページ
154
終了ページ
162
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
2435-9041
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧