このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48205
本文ファイル
別タイトル
Studying whether the Placement of Waste Receptacles in Public Park can affect the Amount of Littering
著者
張 允鍾
青木 誠治
河合 慎一郎
キーワード
市民公園
ごみ箱の配置
散乱ごみ
配置条件
ごみの分別
public park
waste receptacle placement
litter
distribution type
sorting garbage
抄録
本研究では散乱ごみやごみの分別問題の現状を定量的に把握し,有効なごみ捨て行動のコントロール策を探るため,ごみ箱の位置,有無,種類などの効果について考察を行った。東広島市内の西条中央公園を系として3カ月にわたり,ごみ箱を系内に均等に分散させる均等分散型,人の滞留場所に配置する滞留場所型,公園の出入口に配置する出入口型の3種について,散乱ごみとごみ箱内のごみの組成分析を行った。缶びんの散乱率は均等分散型の時最も低く,滞留場所型配置の時は均等分散型の4倍以上であった。不燃ごみにおいても,滞留,出入口型配置より,均等分散型配置の時散乱率が最も低い結果となった。出入口型の時,ごみ全体の散乱率が最も高い結果となった。全てのごみに関して,滞留場所型や出入口型といった場所に配置するより,均等分散型配置の時散乱率が最も低く,散乱ごみ抑制で一番有効であることが分かった。ごみ箱を撤去した期間にごみの総量が最も低い値をとり,また家庭ごみも減る結果となった。分別型ごみ箱を設置すると缶びんごみの分別率は高いが,不燃ごみの分別率は低く,この分別率を高くさせる方策が必要である。
抄録(英)
This study examine the effect of the placement, presence, and material-specific waste receptacles to find solutions to control the littering patterns of the public through quantitative analysis of the current situation of littering patterns and sorting garbage patterns. Higashi Hiroshima city's Saijo Central Parks are the location for our three month long study. For this study, waste receptacles were distributed in three different arrangements : placing them in an even distribution, near congregation areas and in entrance areas. Cans, bottles, and inflammable have their lowest littering rates when waste receptacles are evenly distributed in the park and littering rates of cans and bottles in the garbage is four times higher for receptacles placed near congregation areas than that of evenly distributed receptacles. Overall, evenly distributing waste receptacles yields the lowest littering rate. The result is that this type of distribution is the most effective in preventing littering. For the entire experiment when all waste receptacles were removed, the total amount of garbage was the lowest. When using material-specific waste receptacles, the rate for using can and bottle waste receptacles is high, however waste receptacle usage for inflammable types of garbage is low, indicating that a solution for the latter situation still needs to be found.
掲載誌名
環境科学会誌
15巻
1号
開始ページ
59
終了ページ
66
出版年月日
2002-01-31
出版者
環境科学会
ISSN
0915-0048
1884-5029
NCID
出版者DOI
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2002 社団法人 環境科学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連情報URL
関連情報URL(IsVersionOf)
http://ci.nii.ac.jp/naid/10008006890/
部局名
生物圏科学研究科