このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40384
本文ファイル
別タイトル
Practical research on outdoor education by orienteering using natural observation in university liberal arts education
著者
西 博史
NDC
教育
抄録
 野外教育の重要性を認識し,1993年の大学移転を契機に,自然観察を中心とした徒歩オリエンテーリングを教養教育科目スポーツ実習に取り入れて実施した.現在,オリエンテーリングコースは,東広島キャンパス内に10コース,そして広島市平和公園および元安川河畔のコースを開設している.元安川河畔には沢山の原爆慰霊碑があり,平和学習のオリエンテーリングを実施している.自然観察の問題の採点を成績評価の対象にしたことから,ほとんどの学生が,多機能携帯電話等の検索機能を利用して問題を調べるようになった.
抄録(英)
Since the importance of outdoor education was recognized, the walking orienteering, with observing nature or learning peace, was added to the Health and Sports classes from 1993. There are 10 courses in the Higashi-Hiroshima campus and one course in Hiroshima Peace Memorial Park today. There are many cenotaph for A-bomb victims along to the Motoyasu riverside, which are used for these courses. After I started to use the points of the quiz during orienteering for evaluations, most of the students use google to find answers.
掲載誌名
広島体育学研究
42巻
開始ページ
19
終了ページ
30
出版年月日
2016-03-31
出版者
広島体育学会
ISSN
1340-377X
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
部局名
総合科学研究科