このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14864
本文ファイル
Thumnail vb_8_13.pdf 505 KB
別タイトル
A development study on scouting program for school child volleyball
著者
キーワード
偵察
プログラミング
バレーボール
戦略
scouting
programming
volleyball
strategy
NDC
スポーツ・体育
抄録
スカウティングプログラム開発に関する継続研究として、本研究では6人のプレーヤーがフリーポジションで競技する小学生用のプログラムを考案した。前回報告した6人制成人用プログラムと同様に,サーブレシーブ偵察,攻撃偵察,守備偵察の3つのプログラムを使用して相手チームのプレーを情報収集する。主としてマウスをクリックする分析手法を採用しているからプログラム操作が簡単であり,アナリスト専門家がいない小学生バレーボールにおいても容易にスカウティング情報を収集することができる。
抄録(英)
The program for the school child with whom six players played a game by the free position rule was designed as a continuance research on the scouting program development. The scouting information of the opponent team was collected by using three programs of the serve reception scout, the attacking scout, and the defense scout as well as the scouting program for adults who reported last time. Because the program operation was executed to analyze by clicking the mouse, the scouting information was easily collected in the school child volleyball team where the expert of an analyst did not reside.
掲載誌名
バレーボール研究
8巻
1号
開始ページ
13
終了ページ
18
出版年月日
2006
出版者
バレーボール学会
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2006 バレーボール学会
部局名
総合科学研究科