このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50499
本文ファイル
別タイトル
Ingenuity of Questions in Figure Instruction
著者
抄録
本研究では中学2年の図形指導に関して,問いを工夫し3つの授業を設計し,実践を行った。その結果,中学2年段階では,記号表現から図表現への変換に困難がある生徒がいること,命題の逆の真偽判断には図表現による豊富な経験が必要になること,座標や式を用いないで軌跡を考察することで図形の考察が深まりうることが示され,成果と問題点が明らかになった。
抄録(英)
In this study, we designed and practiced three lessons on figure instruction for second year junior high school students. An abundance of experience with graphic expressions is required to judge the truth of the opposite of a proposition. There were students who had difficulty converting symbolic expressions to graphic ones. The study found that the consideration of a figure can be deepened by considering the trajectory without a coordinate system.
掲載誌名
中等教育研究紀要
67号
開始ページ
57
終了ページ
60
出版年月日
2021-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧