このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 518
本文ファイル
著者
NDC
教育
内容記述
21世紀に向けての中学校新学習指導要領では, 生きる力としての「生徒の問題解決能力の育成」に重点が置かれた。中でも今回の改訂の柱とも言える「総合的な学習」では, 教科学習で学んだ力を生かして未知の問題を見つけ, 解決方法を追求する実践が求められている。当校の総合的な学習(LIFE)における「環境学習」では, 生徒が「自然を体験し」, 「現在の状況を知り」, 「環境のために行動する」という3つの視点を重視してきた。実践の特徴としては環境教育においてインターネットを活用することで, 生徒の能動的な態度を引き出してきている。また, 生徒主体の活動として環境問題をテーマにした課題研究に取り組み, 環境を生徒の視点でとらえ, 解決方法を考えさせる実践をおこなっている。本稿では, 1995~1999年度の中学校2年LIFEの「環境学習」における酸性雨調査を中心とした環境教育の実践をもとにして, 総合的な学習を実施する上での視点について考察する。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
40巻
開始ページ
13
終了ページ
18
出版年月日
2000-03-18
出版者
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0916-7919
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧