このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49572
本文ファイル
著者
円並地 利江
蔭山 映子
鈴木 明子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
村上 かおり 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
梶山 曜子 大学院教育学研究科
今川 真治 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
松原 主典 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
髙田 宏 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
抄録
小・中・高校生の「食文化」に対する認識の実態と課題を調査よって明らかし,その結果と食文化概念の整理に基づいて,中学校及び高等学校の授業を構想,実践し,三校種の接続や体系化の課題を追究することを目的とした。その結果,小学生と中学生の間に食文化などの概念認識の変容をみた。また,中学3年生には空間軸よる視点の広がりを,高校1年生には時間軸による広がりを期待して,それぞれ授業を構想し,その成果をみることができた。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
46号
開始ページ
145
終了ページ
153
出版年月日
2019-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
森, 千晴
ISSN
2435-9041
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2019 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧