このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24811
本文ファイル
別タイトル
ドイツ語と日本語の依頼における丁寧さ : 先行研究の概観
著者
NDC
教育
抄録
「ドイツ人は日本人よりストレートだ」あるいは「日本人はドイツ人より丁寧だ」というステレオタイプは、依頼や謝罪といった言語行為が、ドイツ語と日本語においては異なる仕方で行われることを示している。本稿では、ドイツ語と日本語における依頼表現を例にした丁寧さの言語的な表現に関する研究や、面目の保持や間接性、わきまえや敬意等の概念に関する先行研究を論じる。さらに、諸々の研究結果に基づき、個々の要因が丁寧さの言語的な表現の選択にどのように作用するかを解明する。

重要な結論のひとつとして言えることは、それぞれの言語において、丁寧さを表現する方略や言語的な表現形式は、文化によって異なる丁寧さの概念に基づき構築されているということである。その点で、前述したステレオタイプの考察は、慎重に行われるべきである。
掲載誌名
広島外国語教育研究
10号
開始ページ
109
終了ページ
126
出版年月日
2007-03-31
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
SelfDOI
言語
ドイツ語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧