このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30179
本文ファイル
別タイトル
マスウキブクロセンチュウ(新称)Salvelinema salmonicolaの新宿主と新分布地
著者
キーワード
amago salmon
new host record
new locality record
Oncorhynchus masou ishikawae
parasitic nematode
Salvelinema salmonicola
アマゴ
新宿主
新分布地
寄生性線虫
NDC
動物学
抄録
広島県西部を流れる太田川水系の筒賀川とその支流である猪股川においてアマゴ(Oncorhynchus masou ishikawae Jordan and McGregor)の鰾から線虫類のSalvelinema salmonicola (Ishii, 1916)を採集した。アマゴは本線虫の新宿主である。今回の採集によって, 北海道から滋賀県の範囲にあった我が国での本種の分布域は広島県にまで拡大した。本記録により, 広島県のサケ科魚類から記録された寄生虫は6種, 太田川水系のサケ科魚類から得られた寄生虫は3種となる。採集地におけるヨコエビ類を中間宿主とする本種の生活環について考察するとともに, 河川工事が終宿主や中間宿主, 本種に与える影響について論議した。本種とSalvelinema属の両者にマスウキブクロセンチュウ(鱒鰾線虫)の新標準和名を提唱する。
抄録(英)
The cystidicolid nematode Salvelinema salmonicola (Ishii, 1916) is a parasite of freshwater salmonids in the North Pacific rim region, including Japan, Far Eastern Russia, Alaska (USA) and northern British Columbia (Canada). This species was found in the swim bladder of river-resident amago salmon (Oncorhynchus masou ishikawae Jordan and McGregor)(Salmoniformes: Salmonidae) from the Tsutsuga River and its tributary, Inomata River, of the Ota River System in Hiroshima Prefecture, western Honshu, Japan. This is the first record of S. salmonicola from western Japan, extending its distribution from central to western Honshu in the country. Oncorhynchus masou ishikawae is a new host for S. salmonicola. The life cycle of S. salmonicola and the impact of the past and current construction on the fish definitive host, invertebrate (probably amphipod) intermediate host and parasite populations in the sampling locality are discussed.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
45巻
開始ページ
9
終了ページ
14
出版年月日
2006-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧