このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39657
本文ファイル
別タイトル
A Study of the Effects of Experience of Learning to Interact With Young Children on Junior High School Students in Home Economics : Exploring a Way of Teaching About How Students Look at Themselves
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,教科の本質に根ざした資質・能力の中でも「様々な人とかかわり共に生きる力」「生活を自立的に営む力」を育む授業実践とその評価の方法を開発し,指導のあり方とその効果の妥当性を検証するものである。家庭科においては,幼児についての学習を重ねながら,継続的に幼児とのふれあい体験学習を行い,また希望(のぞみ)の授業とも関連させて取り組んでいる。その中で「幼児についてのイメージ調査」を1年間通して行い,その結果を子どもたち一人ひとりにフィードバックし,自分自身を見つめる時間をとった。その結果,幼児とのふれあいに関しての自己の変容を客観的に見つめ,それを今後の生活の自立へと生かそうとする子どもたちの姿があった。よって,幼児とのふれあい体験学習について,このような評価を取り入れたことは,学習効果を高めたといえる。
抄録(英)
The purpose of this study explores a lesson practice and an evaluation to make junior high school students foster "a zest for living with others" and "a skill to live voluntarily'' based on the nature of home economics, and investigates ways of teaching and the validity of its effects. In home economics, students learned about young children, participated in hands-on learning to interact with young children regularly and in activities associated with lessons for hope. Additionally, students conducted a survey about their images of young children for one year, and then they were asked to give feedback to young children and take time to look back at themselves. Findings of this study reveal that students tended to look at their covert and overt behaviors objectively and become independent by reflecting on them for their future life. Therefore, this study concludes that this typed of evaluation stimulates students' learning motivations in hands-on learning interacting with young children.
掲載誌名
広島大学附属三原学校園研究紀要
6巻
開始ページ
229
終了ページ
236
出版年月日
2016-03-28
出版者
広島大学附属三原幼稚園
広島大学附属三原小学校
広島大学附属三原中学校
ISSN
2185-5242
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicaion/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧