このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49078
本文ファイル
別タイトル
Curriculum management at a special support school by the School Management Council : Analysis of planning and management utilizing facilitation skills
著者
久保 真喜子
東内 桂子
竹林地 毅 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
カリキュラム・マネジメント
学校運営協議会
ファシリテーション
curriculum management
School Management Council
facilitation
抄録
特別支援学校小学部・中学部学習指導要領(文部科学省,2017)(以下,新学習指導要領とする。)では、未来の創り手である子供たちに必要な資質・能力を育成するため、学校と社会が連携・協働していくことや、社会に開かれた教育課程の実施が示された。また、教育課程の改善を軸とした学校教育の改善・充実の循環を生み出すカリキュラム・マネジメントの重要性も示された。一方、広島県においては、平成31(2019)年4月より、すべての県立学校が社会と連携・協働していくために、学校運営協議会を設置したコミュニティ・スクールとなった。
本報告では、広島県立呉南特別支援学校のカリキュラム・マネジメントの取組の現状やファシリテーションのスキルを活用した学校運営協議会の企画・運営による学校教育の改善・充実を目指した実践について報告する。
抄録(英)
The revised elementary and lower secondary Courses of Study for special support schools (2017) calls for cooperation and collaboration between schools and their communities, and the implementation of curriculums that are open to society, with an aim to cultivate necessary qualities and abilities in children who are creators of the future. In addition, the documents indicate the pivotal importance of curriculum management, which creates a virtuous circle of improvement and enhancement of education in schools. In this regard, as of April 2019, “community schools” were established in Hiroshima Prefecture by the School Management Council to promote collaboration and cooperation between all prefectural-run schools and their communities.
This report describes the current state of curriculum management initiatives at Hiroshima Prefectural Kure-Minami Special Support School and the practices aimed at enhancing and improving education via planning and operations of the School Management Council, utilizing facilitation skills.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
18号
開始ページ
37
終了ページ
47
出版年月日
2020-03-01
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧