このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45706
本文ファイル
別タイトル
Eutrophication of Lake Taihu in China and Post-Response to the Plague of Algal Bloom in 2007
著者
淺野 敏久 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
李 光美
平井 幸弘
金 科哲
伊藤 達也
キーワード
富栄養化
アオコ大発生
太湖
無錫市
中華人民共和国
eutrophication
plague of algal bloom
Lake Taihu
Wuxi City
China
NDC
地理・地誌・紀行
抄録
江蘇省,浙江省,上海市の境にある中国で3番目に大きな淡水湖である太湖は,流域内の開発が著しく,深刻な富栄養化問題に直面している.2007年にはアオコ(藍藻類)が大発生し,無錫市において数日間にわたって給水が停止し,200万人以上に影響が出るという事件が生じた.この事態に中国では国をあげて,長江からの導水や下水処理場・下水道の重点的整備,排水対策のできない中小工場や畜産施設の閉鎖,養殖場の閉鎖などの浄化対策が短期間に多額の投資のもとに講じられた.本稿では,現地調査と文献等により,その状況を報告し,あわせて中国の環境対策と都市整備の関係について述べる.
抄録(英)
Lake Taihu bordered on Jiangsu and Zhejiang Provinces is the third biggest freshwater lake in China. Along with the rapid urbanization and fast-growing economic development, a serious eutrophication has occurred in the basin of Lake Taihu. The plague of algal bloom in 2007 caused several days suspension of water supply for over 2 million population in Wuxi City. To struggle against this accident, the Chinese Government has implemented several policies in a short period with abundant budgets such as; introduction of freshwater from the Yangtze River, improvement of sewerage system, and closure of the small factories, stock farms and fish farms without proper drainage system. This paper aims to report the post-response to the plague of algal bloom in Lake Taihu based on the authors' fieldwork and literature survey as well. Moreover, this paper touches on the relations between environment policies and urban development in China.
内容記述
本研究では,平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究(C):東アジアの湖沼と干潟の環境問題と共有資源の管理システム)を使用した.
掲載誌名
E-journal GEO
5巻
2号
開始ページ
138
終了ページ
153
出版年月日
2010
出版者
日本地理学会
ISSN
1880-8107
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2010 日本地理学会
部局名
総合科学研究科