このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44886
本文ファイル
別タイトル
「あいづち」と他の「間投詞」 : 日本のフランス語学習者へ«相互の反応»を促す表現をいかにして見つけるか?
著者
キーワード
communication orale
traduisibilité
marqueurs de réaction
interaction
NDC
フランス語
抄録
フランス語会話で自然にやり取りできるようになるためには、フランス語の運用能力を獲得するだけでは不十分である。本稿では「リアクション・マーカー」の簡単なリストを提案することで、オーラル・コミュニケーション教育の場でよくみられる抜け落ちた部分を補うことを目指している。「リアクション・マーカー」とは、日本語の「あいづち」に相当する、対話の相手が述べたことへの反応や返答を促す表現のことであり、初級レベルから使うことができる。
しかし言語学的な観点から、フランスと日本の言語・文化に対応する「リアクション・マーカー」を見つけるのは困難であるため、それぞれの表現には大まかな訳語をあてざるをえなくなる。そうした訳語は、原語にできるだけ忠実であると同時に、誤訳のリスクを抑えられるほど多義的であることが望ましい。本稿の唯一の目的は、こうした誤差の範囲を考慮した上で、それぞれの訳語が妥当かどうか評価することが可能になるような予備的な作業(授業での統計調査、教員へのアンケートなど)を、方法論的な立場から提案するところにある。
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
77巻
開始ページ
51
終了ページ
76
出版年月日
2017-12-25
出版者
広島大学大学院文学研究科
ISSN
1347-7013
NCID
言語
フランス語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧