このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26344
本文ファイル
別タイトル
A Study of Reflection through "Episodic Recording Method" in Kindergarten : Analysis of Practical Record and Conference for Improving Childcare Practice.
著者
岡花 祈一郎
財満 由美子
林 よし恵
上松 由美子
落合 さゆり
NDC
教育
抄録
本研究の目的は, 「保育実践」→「エピソード記述」→「保育カンファレンス」→「リライト」→「再び保育実践」という一連のプロセスにおける省察についての方法論を検討し, その可能性を明らかにすることにある。これまでの実践記録の多くは行動観察に基づく客観的な事実のみが記述されることが多かった。他方, 鯨岡(2005; 2007; 2008)が提唱するエピソード記述法は, 保育者が綴る実践記録として, 質的研究方法のひとつとして注目されてきている。本研究では, 鯨岡のエピソード記述法を手がかりに, エピソード記述を描き, それをもとに保育カンファレンスを行い, カンファレンスでの協議をもとに, 再度エピソード記述を書き直した。このような一連の過程における実践的意義として以下のようなことが挙げられる。第一に, エピソード記述を描くことにより, 保育者自身が抱える問題意識がより明確となり, その子(対象児)理解の枠組みが意識化されたと考えられる。第二に, カンファレンスを行い, その後にリライトを行った結果, 時間の経過にともなう子どもの変容や保育者自身の子ども理解の枠組みに関する変化を捉えることができた点である。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
229
終了ページ
237
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧