このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31270
本文ファイル
別タイトル
A development on teaching materials and methods for enhancing writing ability at junior high schools in the English education
著者
村上 直子
NDC
教育
抄録
本研究の目的は, 創造的思考力の育成を図りつつ, その結果として表れる4技能の能力の中でも, 特に書く能力の育成に着目し, 書く力を養う英語科の教材や学習指導法の開発することである。今年度の実践では, 生徒の発達段階に応じながら, 既習事項を用いて, 書く活動を繰り返し学習することにより, 新学習指導要領にある「身近な場面における出来事や体験したことなどについて, 自分の考えや気持ちなどを書くこと」といった言語活動の充実および定着を図ることに視点を当てた授業を展開した。その実践例では, 文法事項の定着のために, ピアサポートを取り入れ, 生徒が主体的に文法事項と向き合う機会を多く設定した。その結果, 生徒同士で書いた作品を読み返したり, 書き直したりする時間が増え, 書いた作品を精選していく中で, よりよい表現を考えて書こうとする意欲が高まることが生徒の評価カードの記述から分かった。また, 書く活動を個人で行った後に, グループで話し合って作品を仕上げていく活動を取り入れることによって, 学力差へ配慮した指導を行うことができた。この成果を生かしても, 学力差に配慮しながら, 段階的に目標を設定して, 書くことにおける適切な指導を行っていくとともに, 学習効果についても検証していきたい。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
39号
開始ページ
369
終了ページ
373
出版年月日
2011-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧