このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31576
本文ファイル
別タイトル
A Comparison Study of the Sorted Collection System and the System Factor Differences between Zentsuuji and Hiroshima Cities
著者
市本 秀雄
キーワード
環境推進会
リサイクルの推進
分別収集
市民参加
善通寺市
association for environmental promotion
promotion of recycling
sorted collection
civil participation
Zentsuuji City
NDC
建設工学・土木工学
抄録
排出源分別収集を行っている善通寺市と広島市において調査・研究を行ったところ, 送出される資源化物送出原単位および資源分別率で善通寺市の方がより良いシステムであることがわかった。その要因として, 善通寺市には地区環境推進会や集積場毎の環境推進会といった市民の顔の見えるトップダウン・ボトムアップ型の意志伝達・協力システムの存在とその活動があり, これが集積場における効率的な分別収集のキーポイントになっていることが判明した。
抄録(英)
Sorted waste collected from family homes was studied in Hiroshima and Zentsuuji Cities. The Zentsuuji City system was found to be better than that of Hiroshima City based on the amount of outgoing resourceable material and sorted rate of resourceable waste. The reason for this is that in Zentsuuji City there are associations for environmental promotion which create top-down and bottom-up type cooperation among citizens. The associations are the key factor in the effective sorted collection at collecting stations in Zentsuuji City.
掲載誌名
廃棄物学会論文誌
9巻
1号
開始ページ
39
終了ページ
42
出版年月日
1998-01-31
出版者
廃棄物資源循環学会
ISSN
1883-1648
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1998 廃棄物資源循環学会
関連情報URL
部局名
生物圏科学研究科