このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15407
本文ファイル
別タイトル
A study on the time-matching in three dimensional cinematography
著者
濱 景子
佐賀野 健
金 致偉
柳原 英兒
小村 堯
NDC
スポーツ・体育
抄録
本研究の目的は,同期しているデータと同期上の誤差を含んだデータの解析結果を比較し,民生用ビデオの定量的動作解析への利用の可能性を検討することであった。フレームカウンターを接続した2台のビデオカメラにより,バレーボールのスパイク動作を撮影した。2台のカメラの2次元座標が同期している場合,No.1カメラとNo.2カメラの2次元座標の時刻が1/120秒ずれている場合,No.1カメラとNo.2カメラの2次元座標の時刻が1/60秒ずれている場合の3通りの同期誤差をもつ2次元座標を準備し,DLT法により身体各部位及びボールの3次元座標を算出した。スティックピクチャーによる視覚的比較,各種測定項目による数値的比較を通して,同期,同期誤差1/2field,同期誤差1fieldのデータ間に大差が見られなかったこと,そして大部分の測定項目の値は先行研究の値の範囲にあったことから,民生用ビデオによる3次元動作解析は可能であると考えられた。
抄録(英)
The purpose of this study was to compare the analysis results of Time-Matching with Time-Error data and to find the possible utilization for quantitative motion analysis by home videos.It took spiking motions of volleyball by two video cameras with frame counter. After prepared three cases of two-dimensional coordinates that the time of two cameras are matching, different of 1/120 and 1/60 seconds, three-dimensional coordinates of the segment endpoints and a ball were calculated by Direct Linear Transformation Method.There were no great difference in Time-Matching, 1/2 and 1field data through the visual comparison by stick-pictures and the numerically comparison by various kinds of items of measurement. Consequently, the results suggest that it is possible to do three dimensional motion analysis by home videos.
掲載誌名
広島体育学研究 : Hiroshima Journal of Physical Education
29巻
開始ページ
19
終了ページ
26
出版年月日
2003
出版者
広島体育学会
ISSN
1340-377X
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
総合科学研究科