このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14678
本文ファイル
Thumnail vb7_20.pdf 2.71 MB
別タイトル
development study on scouting program for volleyball
著者
佐賀野 健
吉田 雅行
キーワード
偵察
プログラミング
バレーボール
戦略
scouting
programming
volleyball
strategy
NDC
スポーツ・体育
抄録
Visual Basicによりサーブレシーブ偵察,コンビ攻撃偵察,アタックレシーブ偵察の3つのプログラムから成るバレーボールのスカウティングプログラムを考案した。1人のスコアラーが1つのプログラムを担当して,つまりスコアラー3人編成で相手チームを偵察する。技能分析に加えて,目測座標検出して得られた位置データを使用してサーブレシーブ位置,コンビ攻撃の打撃位置,守備隊形等も求めることができる。主としてマウスをクリックする分析方法を採用しているから,特別な訓練を積まなくても分析処理が簡単にできる。なおマウスの代わりにタブレットペンを使用すれば分析作業は更に早くなる。
抄録(英)
The scouting program for volleyball that consisted of the serve receiving scout, the combination attack scout, and the digging scout was developed by Visual Basic. One scorer takes charge of one program, in a word, the opponent team is scouted by three scorers. In addition to the skill analysis , the serve receiving position, the combination attack position, and the defense form can be analyzed by using the positional data obtained by digitizing coordinates. Because the program operation is mostly executed to analyze by clicking the mouse, specific skills of the program operation is not required. If the tablet pen is used instead of the mouse, the analysis work becomes earlier.
掲載誌名
バレーボール研究
7巻
1号
開始ページ
20
終了ページ
25
出版年月日
2005
出版者
バレーボール学会
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2005 バレーボール学会
部局名
総合科学研究科