このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44326
本文ファイル
著者
Nitta, Masato
Hotta, Taku
Nagasawa, Kazuya 大学院生物圏科学研究科
キーワード
Lernaeenicus ramosus
Copepoda
fish parasite
Epinephelus akaara
new locality record
DNA information
NDC
動物学
抄録(英)
One adult female of the mesoparasitic copepod Lernaeenicus ramosus is reported from a Hong Kong grouper Epinephelus akaara in the Amakusa-nada Sea off Kumamoto Prefecture, Kyūshū, western Japan, which represents a new locality record for the copepod. In Japanese waters, the copepod was previously collected mainly from summer to winter, and this is the second case of spring (April) collection. Based on the phylogenetic analysis based on CO1 sequences of pennellids, L. ramosus is related to L. sprattae, and the clade including these two species and some other pennellids forms a different clade from that consisting of L. hemirhamphi.
掲載誌名
Biogeography
19巻
開始ページ
80
終了ページ
84
出版年月日
2017-09-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
1345-0662
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
(c) 日本生物地理学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科