このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43709
本文ファイル
別タイトル
A note on Eudiplozoon nipponicum and Diplozoon sp. (Monogenea: Diplozoidae) parasitic on cyprinids in Japan, with a list of the works of Dr. Satoru Kamegai on diplozoids
著者
長澤 和也 大学院生物圏科学研究科
キーワード
ウグイフタゴムシ
亀谷 了
魚類寄生虫
コイ科魚類
単生類
フタゴムシ
Diplozoon sp.
Eudiplozoon nipponicum
Paradilpozoon skrjabini
cyprinids
fish parasite
Monogenea
Satoru Kamegai
NDC
動物学
抄録
1891–2016年に日本で出版された報文に基づき,日本のコイ科魚類に寄生する単生類のフタゴムシEudiplozoon nipponicum (Goto, 1891) と「Diplozoon sp.」と報告されてきた未同定種に関する知見を纏めた。フタゴムシに関しては,本種の命名者である五島淸太郎による記載,成虫の形態,宿主,国内分布,生活史,成熟・産卵の季節変化,宿主サイズと寄生状況との関係,病害性と対策,水産業との関係などを記述した。また,「Diplozoon sp.」と報告されてきた未同定種の多くはウグイフタゴムシParadilpozoon skrjabini Akhmerov, 1974 に同定できる可能性を示唆した。亀谷 了博士によるフタゴムシ類の研究業績を付録として示した。
抄録(英)
The diplozoid monogenean Eudiplozoon nipponicum (Goto, 1891) is a gill parasite of crucian carps (Carassius spp.) and common carp (Cyprinus carpio) in Japan. This note compiles information on the host species, geographical distribution, life history, maturation and spawning, occurrence related to fish size, pathogenicity, and control of the species based on the literature published in Japan for 126 years from 1891 and 2016. Since the 1970’s , an unidentified diplozoid has been reported as Diplozoon sp. from various cyprinids in Japan. This diplozoid is very likely to be Paradilpozoon skrjabini Akhmerov, 1974, another species of diplozoid reported from Japan in 2015. The titles of scientific papers, a book, and oral presentations at academic meetings by Dr. Satoru Kamegai on the biology of diplozoids are listed in the appendix.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
55巻
開始ページ
39
終了ページ
56
出版年月日
2016-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧