このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41427
本文ファイル
著者
Nagasawa, Kazuya 大学院生物圏科学研究科
Tensha, Kozue
キーワード
Nerocila phaiopleura
Isopoda
Cymothoidae
fish parasite
Scomberomorus niphonius
new host record
Seto Inland Sea
NDC
動物学
抄録(英)
Ovigerous females of Nerocila phaiopleura Bleeker, 1857, were collected from the body surface of Japanese Spanish mackerel Scomberomorus niphonius (Cuvier, 1832) commercially caught in the Seto Inland Sea off Yamaguchi Prefecture, western Japan. This collection represents a new host record for N. phaiopleura and the first documented record of the species in the Seto Inland Sea. A hemorrhage skin lesion was found at attachment site.
掲載誌名
Biogeography
18巻
開始ページ
71
終了ページ
75
出版年月日
2016-09-20
出版者
日本生物地理学会
ISSN
1345-0662
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
(c) 日本生物地理学会
論文ファイルの利用は著作権の範囲内に限り認められます。
部局名
生物圏科学研究科