このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43400
本文ファイル
別タイトル
“Interactive Experiential Learning With Young Children” in Junior High School Home Economics courses: Developing and implementing a class model using active learning
著者
伊藤 圭子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
高橋 均 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
本研究は,中学校2年生の家庭科における「私たちの成長と家族 幼児とのふれあい」という題材名の授業において,課題を自ら解決する学習が可能なアクティブ・ラーニングを用いて、授業モデルを開発し、授業実践し、検証することを目的とする。
本研究で開発した「コミュニケーション能力を育成する授業モデル」は、次のような特徴を持つ。
①幼児の保護者と生徒が直接的・間接的にかかわることによって、幼児の理解を深めた。
②幼児とのふれあい体験の事後学習に「幼児とのふれあいQ&A集」を作成した。
③幼児の心身の発達をより深く理解するために、生徒は自分の家族や幼稚園教員と話し合い,課題を解決した。
④幼児とのふれあいを衣生活や食生活とも関連させた。
抄録(英)
The purpose of this study is to develop, put into practice and verify a class model that uses active learning, which allows students to solve problems on their own, in a Home Economics class for 8th grade students with the theme, “Our growth and family: Interaction with young children.”
The “Class model for nurturing communication skills,” developed in this study has the following characteristics.
(1) Deepening the understanding of young children through direct and indirect involvement of young children’s parents and students.
(2) Creating a “FAQ of interactions with young children,” in the post learning of the interactive practice with the young children.
(3) Students having discussions with their families and kindergarten teachers and solving problems in order to have a better understanding of the mental and physical development of the young children.
(4) The interactions with young children are also related to clothing and eating habits.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
45号
開始ページ
245
終了ページ
255
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧