このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16854
本文ファイル
別タイトル
Change of Taste Thresholds by Continuous Wearing of Experimental Palatal Plate
著者
小村 育弘
吉田 光由
延原 浩
佐藤 裕二
赤川 安正
中井 久美子
NDC
医学
内容記述
本論文の要旨は,平成7年度日本補綴歯科学会中国四国支部学術大会(7年9月)において発表した。
掲載誌名
広島大学歯学雑誌
28巻
1号
開始ページ
221
終了ページ
223
出版年月日
1996-06-01
出版者
広島大学歯学会
ISSN
0046-7472
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧