このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32148
本文ファイル
別タイトル
A Study of Physical Contact in Passing-Under Movements : Children with Developmental Disorder Have More Collisions
著者
島谷 康司
田中 美吏
金井 秀作
大塚 彰
沖 貞明
キーワード
developmental disorders
passing-under movements
発達障害児
くぐり動作
NDC
医学
抄録
[目的]本研究の目的は,くぐり動作を用いて,発達障害児と健常児の障害物への身体接触を比較検証することであった。[対象]5~6歳の健常児と発達障害児,各9名を対象とした。[方法]課題は7種類の遊具と高さの異なる6つのバーを交互に設置したコースを通り抜けることであった。障害物との接触回避に関する注意喚起を与えない条件,接触回避を与える条件,そして接触回避および早く移動することを促す条件の3条件を設け,それぞれ1試行ずつ行わせた。[結果]発達障害児は健常児に比べて,条件に関わらず接触頻度が高かった。また,発達障害児は腰部の接触頻度が高かった。[結語]発達障害児の接触の多さは,注意の欠陥が原因ではないと考えられる。また,視覚フィードバックを随時利用して,接触しないようにくぐり動作を行うことが困難な状況において身体接触が多いことから,身体特性情報に基づく行為の見積もりの不正確さが,発達障害児の身体接触の多さの原因であることを示唆した。
抄録(英)
[Purpose] In this study, we examined physical contact with obstacles by children with and without developmental disorders (DD). [Subjests] Participants were nine children with DD and nine normal children. [Methods] All participants went through a course with seven pieces of playground equipment and six bars at different heights under three conditions: the first trial was with no instruction, the second trial was with an instruction to avoid collision, and the third trial was with an instruction to avoid collision and go through as fast as possible. [Results] The children with DD had more physical contact with the bars than normal children, indicating that attention deficit was not the cause of the increased contact in the children with DD. They also showed a significantly higher number of waist-contacts when compared to the normal children. This suggests that the children with DD had more contact when concurrent visual-feedback could not be used during avoidance movements. [Conclusion] It is possible that incorrect estimation based on body-characteristic information is the cause of the increased contact in the children with DD.
掲載誌名
理学療法科学
23巻
6号
開始ページ
721
終了ページ
725
出版年月日
2008-12-20
出版者
理学療法科学学会
The Society of Physical Therapy Science
ISSN
1341-1667
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 by the Society of Physical Therapy Science
関連情報URL(IsVersionOf)
http://dx.doi.org/10.1589/rika.23.721
部局名
総合科学研究科