このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45816
本文ファイル
別タイトル
Transformation of 'Landscape of Peace' in Tour Guide of Hiroshima Peace Memorial Park
著者
千代 章一郎 大学院工学研究科
キーワード
平和景観
観光
広島平和記念公園
原爆ドーム
広島平和記念資料館
Landscape of Peace
Tourism
Hiroshima Peace Memorial Park
A-Bomb Dome
Hiroshima Peace Memorial Museum
NDC
建設工学・土木工学
抄録
本稿では、都市における「平和景観」生成の一端を考察するために、被爆都市広島の主要施設である広島平和記念公園に着目し、その施設整備と観光案内から広島平和記念公園の景観変容過程を明らかにしている。すなわち、広島平和記念資料館西館と原爆ドームを両端とする南北の軸線は経年的に重要視され、軸線に対する案内が増加することにより、軸線景観は強調されるが、平和記念公園をめぐる平和景観は観光案内に関する限り公園外への拡がりに乏しく、この南北軸に内に閉塞していく。
抄録(英)
This paper aims to clarify the transformation of 'landscape of Peace' in Hiroshima Peace Memorial Park known as the lesson of the war, analyzing both the representation of landscape composed by the development of facilities or the administrative control of landscape, and the value of landscape by the sightseeing bus tours. As the result, we point out that the north-south axe between Hiroshima Peace Center and A-bomb Dome has been emphasized in the making process of the landscape of this park. However, for the importance of this axe, the extent of urban landscape outside the park is limited.
掲載誌名
日本都市計画論文集
44巻
1号
開始ページ
56
終了ページ
61
出版年月日
2009-04-25
出版者
日本都市計画学会
ISSN
0916-0647
2185-0593
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 日本都市計画学会
部局名
工学研究科