このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48726
本文ファイル
別タイトル
Comparison Table of Jiguge Version of Shuowen Jiezi and Its Derived Versions
著者
鈴木 俊哉 広島大学総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
說文
説文
大徐本
汲古閣
四庫全書
小篆
NDC
中国文学
抄録
「四庫全書本『説文解字繫傳』に見える小篆異体字」[1]では、清初に出版された汲古閣本説文解字1と四庫全書薈要の小篆を全数比較し、大徐本説文解字を四庫全書に収めるにあたり、少なくとも小篆字形に関しては意図的な改変は殆ど無いとした。
その後、董婧宸氏との議論の結果、この評価には修正が必要であることが明らかとなった。本資料は、この議論の材料と、議論の中で見つかった注意点を整理する。
抄録(英)
In the article “Investigation of the Seal Variants Specific to Siku Quanshu Version of Shuowen Jiezi Xizhuan” [1], all heading Seal characters in the Jiguge version (汲古閣本) of Shuowen Jiezi (説文解字) and those of Siku Quanshu Huiyao (四庫全書薈要) are compared and concluded that Siku Quanshu project had applied few intentional modifications to include DaXu book (大徐本) of Shuowen Jiezi in its collection. In later, during the discussion with Professor Dong Jingchen (董婧宸), this conclusion needs to be cross-checked with other materials and should be updated. In this document, the points to be updated are summarized.
内容記述
大徐本説文解字の汲古閣本の系列の変化を見る為、汲古閣本(早稲田大学所蔵)、汲古閣重刊本(京都大学所蔵)、四庫全書薈要摛藻堂本、四庫全書文淵閣本、四庫全書文津閣本の小篆を全て切り出し、対照表とした。「東洋学へのコンピュータ利用」第32回研究セミナー(2020/03/06)での発表資料に対し、早大所蔵本の画像を所蔵機関の許可を得た上で追加した(早稲田大学図書館 許可19-410号)。
本資料の作成にあたり科研費課題番号16K004600A, 19K12716 の補助を受けました。
開始ページ
1
終了ページ
17
作成年月日
2020-03-05
言語
日本語
NII資源タイプ
その他
広大資料タイプ
その他
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
関連情報
1.0版(2020/03/20) 初版公開
2.0版(2020/04/27) 先行研究の整理を増補、図1・参考文献,・脚注等を追加、英対訳を追加
2.1版(2020/05/12) 変更履歴を追加、用語修正
部局名
総合科学研究科
備考
本対照表の作成・公開に関しては、早稲田大学図書館所蔵のオリジナルの汲古閣説文解字 (請求記号 ホ4-23、https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ho04/ho04_00023/index.html ) のデジタル画像の利用の許諾を頂いている(許可19-410 号)。再利用の場合には、早稲田大学図書館より許諾を得られるようお願いします。