このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30520
本文ファイル
別タイトル
Current State of Education of Pediatric Dentistry in Dental Schools in Japan
著者
日本小児歯科学会平成18・19年度教育問題検討委員会
鈴木 淳司
内川 喜盛
木本 茂成
田村 康夫
中島 一郎
小野 俊朗
有田 憲司
新谷 誠康
福本 敏
林 文子
土屋 友幸
キーワード
小児歯科学
歯学教育
アンケート調査
Pediatric Dentistry
Dental Education
Questionnaire lnvestivation
NDC
医学
抄録
本邦における小児歯科学教育の現状を調査するために, 全国29歯科大学・大学歯学部の小児歯科学担当講座(分野)に対してアンケート調査を行った。アンケートは小児歯科学授業(講義), 基礎実習, 臨床実習の3項目について行った。アンケートの結果から以下の実態が確認された。授業では, ほとんどの大学で小児歯科, あるいは成長, 発達などの小児歯科学と関連のあるシラバスの科目名称を有していたが, 小児歯科学単独のシラバスを持たない大学もあった。授業時間は平均55時間程度であったが, 最も少ない大学と多い大学では6倍の差があった。基礎実習は平均35時間行われていたが, 国公立大学の平均に比べ私立大学は有意に多かった。臨床実習実施期間は平均11.9か月で大学問の差は少なかったが, 実施時期は国公立大学に比べ私立大学が約6か月程度早期に行われていた。また, 臨床実習での学生の参加形態や評価方法などは大学問で大きな差があった。

以上のことから, 小児歯科学の教育は各歯科大学・大学歯学部で大きな差があることが確認された。特に授業時間や実習時間は私立大学が多い傾向にあった。また臨床実習の実習期間は大学問で大きな差はないが, 開始時期は私立大学が国公立大学に比べ有意に早いことが示された。
抄録(英)
To survey the current state of the education of Pediatric Dentistry in our country, a questionnaire investigation was done to all Dental Colleges and School of Dentistry in Universities. The questionnaire consisted of three fields, such as lecture of Pediatric Dentistry, basic laboratory practice and basic clinical practice. According to the questionnaire, the following things were confirrned. All Universities still have the syllabus conceming Pediatric Dentistry, except for one University. The average hours of lecture was 55 hours. The University with the longest course hours was 6 times higher than the shortest University. The average hours of basic laboratory practice was 35 hours. The private Universities were significantly longer than national and public Universities. While, the period of basic clinical practice was similar in all Universities, however it started 6 months earlier in private Universities compared with national and public Universities. Moreover, there were differences in intervention levels of students to the treatment of the patients and evaluation procedures of basic clinical practicein Universities.

In the present study, it was confirrned that the education of Pediatric Dentistry varied considerably between Universities. Especially, the average hours of lecture and basic laboratory practice were longer in private Universities compared to national and public Universities. Furtherrnore, basic clinical practice starts significantly earlier in private Universities.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
46巻
5号
開始ページ
517
終了ページ
523
出版年月日
2008-12-25
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
医歯薬学総合研究科