このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30518
本文ファイル
別タイトル
A Case Study of the Effectiveness of Occlusal Guidance using Crimpable Hook and Sectional Wire
著者
青木 梢
三宅 奈美
キーワード
クリンパブルフック
セクショナルワイヤー
リンガルアーチ
咬合誘導
MTM
Crimpable hook
Sectional wire
Lingual arch
Occlusal Guidance
NDC
医学
抄録
11歳8か月女児の下顎右側第二大臼肉歯の異所萌出および11歳6か月男児の下顎左側第一小臼歯の位置異常の処置に対し, リンガルアーチ, セクショナルワイヤー(ニッケルチタン系.016"×.022")およびクリンパブルフックを用いて咬合誘導を行った。その結果, 有効性は以下のような点であった。

1. リンガルアーチの装着後, 患歯にブッカルチューブもしくはブラケットを装着し, セクショナルワイヤーにクリンパブルフックを装着するだけの簡単な装置で行える。

2. 手技が容易であるため, 短時間で施術が終了する。

3. クリンパブルフックの装着によるワイヤーの活性化は, 下顎第一臼歯と第二大臼歯の間のような、歯列弓の後方の操作しにくい部位においても容易に行えた。

4. 本装置の装着期間は1~3か月と比較的短かった。

5. 本装置の装着期間中に患児が苦痛や違和感を訴えることはなかった。

6. 同症例とも後戻りを認めなかった。

以上より, この方法は技術的に容易で, 患者と術者双方において負担が少なく、予後が良い非常に有効な方法であることが示唆された。
抄録(英)
For treatment of two cases of ectopic eruption of the mandibular right second molar and malposition of the mandibular left first bicuspid, we conducted MTM using a lingual arch, sectional wire and crimpable hook. The results showed the effectiveness of this as described below.

1. The treatment is as imple procedure involving the fitting of the lingual arch, then attaching a buccal tube or bracket to the tooth to be moved, and finally attaching the crimpable hook to the sectional wire.

2. Because the technique is simple, the procedure can be completed in a short time.

3. By attaching the crimpable hook, activation of the wire is easily done even at sites at the back of the dental arch where it is difficult to operate, such as between the mandibular first and second molars.

4. The period of treatment is comparatively short at 1 to 3 months.

5. The affected infants did not feel pain or discomfort during treatment.

6. Retrogression was not observed in either case.

This method is technically simple, places little burden on either the patient or the practirioner, and seems to be an extremely effective method with good outcome.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
45巻
1号
開始ページ
92
終了ページ
96
出版年月日
2007-03-25
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
医歯薬学総合研究科