このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35602
本文ファイル
別タイトル
A Chronological Record of Narushima Nobuyuki's Career (14)
著者
キーワード
成島信遍
道筑
錦江
幕府書物方日記
東湖
茗荷草
NDC
日本文学
抄録(英)
I wrote Narushima Nobuyuki's career from 1689 to 1740 in a serial form, and this paper is a sequel to it and deals with articles presented to him from the latter part of March to October in 1740.

In March, Reizei Tamehisa came back from Edo to Kyoto. Tamehisa composed a farewell waka at Shinagawa on the way back home, and Nobuyuki replied.

In October, a Buddhist monk Touko died. Nobuyuki made an inscription "Touko Oshou Hi" in mourning Touko's death.

As usual Nobuyuki served as a mediator between dignitaries around Tokugawa Yoshimune and librarians of Momijiyama Library.
内容記述
本稿は、平成二十五年度科学研究費補助金基盤研究(C)「近世堂上派歌人の宗匠選択についての研究」による研究成果の一部である。
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
73巻
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院文学研究科
ISSN
1347-7013
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧