このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39881
本文ファイル
別タイトル
海産ユスリカ種の形態学的系統樹と遺伝学的系統樹の関係
著者
Sugimaru, Katsuo
Imabayashi, Hiromichi
キーワード
adult male
genetic tree
marine chironomid
Orthocladiinae
morphological tree
海産ユスリカ
エリユスリカ亜科
雄成虫
遺伝子系統樹
形態系統樹
NDC
動物学
抄録
海産4属,Clunio,Semiocladius,TelmatogetonおよびThalassosmittiaと陸生のSmittia,淡水性のCricotopus属のエリユスリカ亜科と近縁亜科の形態学的系統樹と遺伝学的系統樹の関係を調べた。遺伝学的系統樹では3系統,すなわちSmittia,SemiocladiusとClunioを含む他の4属に分かれた。さらに,TelmatogetonとThalassosmittiaは別亜科にも拘わらず小さなクラスターを形成した。形態学的系統樹ではSemiocladiusとClunioは小さなクラスターを形成したが,TelmatogetonとThlassosmittiaはこれらだけではクラスターを形成しなかった。Cricotopusは最後に大きなクラスターに加わった。これらの結果は,Clunio,TelmatogetonとThalassosmittiaは淡水種の祖先から派生したこと,そして形態学的形質の中にいくらかの平行進化が存在することを示唆する。
抄録(英)
Relationships between morphological and genetic trees of 4 marine orthoclad and related genera, Clunio, Semiocladius, Telmatogeton and Thalassosmittia, of the dipteran family Chironomidae as well as a terrestrial genus Smittia and a freshwater genus Cricotopus were examined. In the genetic tree, there were 3 lineages; Smittia, Semiocladius and other 4 genera, comprising Cricotopus. Telmatogeton and Thalassosmittia formed an intimate clade in spite of their different affiliations to the subfamily. Semiocladius and Clunio made a small clade in the morphological tree, whereas Telmatogeton and Thlassosmittia did not form a clade by themselves. Cricotopus participated in the largest cluster. These results suggest that Clunio, Telmatogeton and Thalassosmittia have derived from a freshwater ancestor and there be some morphological parallelisms.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
49巻
開始ページ
1
終了ページ
6
出版年月日
2010-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧