このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 597
本文ファイル
別タイトル
An Analysis of HIV/AIDS in Southeast Asia : The Prediction of Spread and the Warning for Health Control
著者
洲濱 扶弥
キーワード
HIV
AIDS
Back calculation
Southeast Asia
NDC
医学
抄録
東南アジアにおけるHIV/AIDS患者数は増加の一途を辿っている。しかし, 様々な研究報告において, 報告数は一致しておらず, また東南アジア各国および全体の関係を取り扱った研究報告は少ない。そこで, U.S.Bureau of the Census(以下連邦社会調査局)による累積AIDS患者数を用い, 数理的手法(back-calculation model)により, 東南アジアにおけるHIV感染者数・AIDS患者数の将来予測をおこなった。その際, 7通りの分布を想定し感受性分析を行い, またHIV/AIDS捕捉率を算定し, サーベイランスの精度や必要な保健対策について検討した。結果は次の通りである。1)今後も東南アジア各国のHIV/AIDS有病者の増加が予測された。2)増加率が最も高い国はカンボジアで, 最も低い国はフィリピンであった。3)AIDS患者増加率は, 潜伏期間の分布や変動係数によらず一定であった。4)AIDS患者推測値とAIDS捕捉率は, 潜伏期間の分布や変動係数によらず一定である。HIV感染者推測値とHIV捕捉率は, 潜伏期間の分布や変動係数の影響を受け, 潜伏期間が長く, また変動係数が小さいと仮定した方が高い。5)シンガポールは, HIV/AIDS患者の把握が比較的よく, 潜伏期間は5~10年に分布すると推定された。6)AIDS患者の把握が最も十分でなかった国はミャンマー, インドネシアである。AIDS捕捉率の方が高い国はインドネシア, フィリピンで, その他の国はHIV捕捉率の方が高い。潜伏期間の分布からもデータの不備が推測された。7)捕捉率など精度は十分といえず, 信頼できるサーベイランスの強化がのぞまれる。このような分析は, 状況をより正確に認識し, 対策の実施や予防活動の評価する上においても有効である。また, 緊急および長期的両側面からの国際援助の必要性を訴えたい。
抄録(英)
The increase of HIV/AIDS incidence in Southeast Asia has been reported to be very rapid and worried abort it might become more serious than in Sub-Saharan Africa. The aim of this article is to analyze and predict HIV/AIDS incidence in the near future and to give warning for health control. The HIV/AIDS data in nine countries, Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Philippines, Singapore, Thailand and Vietnam were selected from HIV/AIDS Surveillance Data Base. The spread of HIV/AIDS was predicted with back calculation method. Then sensitivity analysis was performed with seven examples of distribution to examine to what extent the prediction depends on difference in distribution. The results are as follows : 1) It was confirmed that the rapid spread of HIV/AIDS would continue in Southeast Asia, 2) The increase rate of AIDS cases was the highest in Cambodia, and the lowest in Philippines. 3) The increase rates and coverage rates of AIDS cases were not affected by the mean and the coefficient of variation of incubation period, 4) The coverage rates of HIV infected persons were strongly affected by the distribution, 5) In Singapore, the coverage rate of AIDS cases was the highest, 6) In Myanmar and Indonesia, the coverage rates were low. 7) The coverage rates seemed low and reliability of the surveillance system was not sufficient. The improvement of the surveillance system is indispensable to carry out more precise analysis of the situation. Need for urgent and long-term international aid were also pointed out.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
48巻
5号
開始ページ
331
終了ページ
342
出版年月日
2000-10-28
出版者
広島大学医学出版会
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
0018-2087
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬学総合研究科
他の一覧