このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 27114
本文ファイル
Thumnail IS2-20.pdf 404 KB
別タイトル
Can R^n estimate a rotation matrix R more accurately than R ? : A method for estimating a rotation matrix R by using R,R^2,R^3,..., obtained by an one-shot measurement
著者
Raytchev, Bisser
天野 敏之
キーワード
回転行列
高周波数
計測
電磁波測距
見えに基づく姿勢推定
rotation matrix
measurement with higher frequency
electronic distance measurement
view-based pose estimation
NDC
電気工学
抄録
本論文では、3×3 回転行列Rをより高精度に推定するために、高次の回転行列R^2,R^3,...,R^nを用いる手法を提案する。まず、電磁波測距に基づいて2×2回転行列R の推定をR^2;R^3...などを用いて行う手法について述べる。そして、その手法を3×3回転行列の角度推定のために、次のように定式化する。つまり、もしノイズを含む観測行列R,R^2,...,R^n が与えられた場合、それらから適切にRを推定する。提案手法では、まず与えられた観測行列を直交化により回転行列に変換する。次に固有値分解により回転軸と回転量を求める。最後に回転量の不定性を除去する。数値実験と、物体の姿勢推定実験により、Rnを用いることでR単独よりも高精度に回転行列を推定できることを実証する
抄録(英)
In this paper, we show that a more accurate estimation of a 3*3 rotation matrix R can be achieved by appropriately decomposing higher-order rotation matrices: R^2,R^3, and so on. First we discuss an angle estimation of a 2*2 rotation matrix inspired by the Electronic Distance Measurement. Then we reformulate the problem fora 3*3 rotation matrix: if noise-contaminated measurement matrices R,R^2,...,R^n are given, find an appropriate rotation matrix R. In the proposed method, the given measurement matrices are first transformed to rotation matrices by using the polar decomposition. Then the rotation angles are obtained by using an eigen decomposition of the rotation matrices. Finally, the ambiguity of the obtained rotation angle is removed. Numerical simulations and pose estimation experiments show that the use of R^n results in more accurate estimates than when R itself is used.
掲載誌名
MIRU 2009 画像の認識・理解シンポジウム論文集
開始ページ
984
終了ページ
991
出版年月日
2009-07
出版者
画像情報学フォーラム
言語
日本語
NII資源タイプ
会議発表論文
広大資料タイプ
会議発表論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 Authors
関連情報URL
部局名
工学研究科