このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42789
本文ファイル
別タイトル
Research into Pupils' Movement Skills on Gymnastics Apparatus: Focusing on the Relationship Between Sub-Teaching Material and Supra-Teaching Material <Practical Research>
著者
末吉 知規
大後戸 一樹 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
器械運動
はね挑び
運動技能
下位教材
apparatus gymnastics
neckspring
movement skill
sub-teaching material
NDC
教育
抄録
運動学習を効果的に進めるためには,下位教材の運動技能と上位教材の運動技能がどのように関係しているかを明らかにする必要がある。本研究は,「はねとび」「はねおき」のための教材として,下位教材に「アンテナブリッジ」,上位教材に「前転ブリッジ」を設定して,教材間の運動技能の関係を明らかにすることを目的とした。
そこで,児童の学習実態から「アンテナブリッジ」と「前転ブリッジ」の運動技能の関係について分析を行ったところ,「アンテナブリッジ」の達成が,「前転ブリッジ」の達成と関係しており,「アンテナブリッジ」と「前転ブリッジ」の関係を考慮した指導を行う必要があると示唆された。
また,下位教材の「アンテナブリッジ」を未達成であっても,学習の中で,補助によって動きの感覚がわかったり,「はね動作」が安定したりすることで上位教材の「前転ブリッジ」ができるようになった例もみられた。
抄録(英)
The purpose of this research is to identify relationship between movement skills teaching materials through the teaching of a neckspring by setting an "antenna bridge" as the sub-teaching material and "forward roll and antenna bridge" as the supra-teaching material. This would help to identify how sub-teaching and supra-teaching materials are related to the effective teaching of Physical Education. The research on the relationship between the "antenna bridge" and the "forward roll and antenna bridge" indicated that the achievement of the "antenna bridge" may be followed by the achievement of the "forward roll and antenna bridge." This indicates that the teaching materials should be correlated when the "antenna bridge" and "forward roll and antenna bridge" are taught. Some pupils' performance implied that even students who had not achieved the "antenna bridge" may become able to do the "forward roll and antenna bridge," the supra-teaching material, by learning how to spring with the teacher's assistance.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
5号
開始ページ
31
終了ページ
40
出版年月日
2017-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
附属学校部
他の一覧