このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36896
本文ファイル
別タイトル
An Analysis of the Social Studies Textbooks for Special Needs Schools “Useful for Everyday Living” (I) : Contents of Geography : A Study of Learning Difficulties Part 2 <Original Article>
著者
若原 崇史
宛 彪
横山 千夏
渡邉 巧
能見 一修
キーワード
特別支援学校用教科書
社会科教育
地理
学習困難
textbook for special needs schools
social studies
Geography
learning difficulty
NDC
教育
抄録
本研究は,本来の教育の理念を回復するために,特別支援教育の使命と理念である,“誰もがわかる,誰もが学ぶことができる”ことに学び,教育の新たな創造をめざすための予備的研究である。本研究では,つまずきは誰もが持っている教育の状態であり,特別に支援が必要な子どもだけではない。すべての子どもがつまずく可能性を持っている,と考え,学校の授業や活動にいてすべての子どもたちが支障なく学ぶことができる状態を作り出すことが必要だろう,と仮定し,研究を進めている。  

本稿は,第2稿として,研究の目的と仮説を確認したのち,地理的内容に焦点を当て,“特別支援学校”用社会教科書(『くらしに役立つ 社会』東洋館出版社,2007,以下,本教科書と略す)を“通常”学校用社会科地理教科書と比較し,研究仮説の妥当性を検討する。  

検討の結果明らかにした点は,1つ目は,生徒にとってイメージしやすい生活との連関を重視することで「容易性」を高めているといえるだろう。2つ目は,生徒が実際に使える,場合によっては使ったことがある地図を取り上げることで「行為随伴性」を高めているといえるだろう。3つ目は,生徒が旅行したり生活したり際に使える知識を学習することで「行為随伴性」を高めているということである。
抄録(英)
This research is the preliminary study to aim at educational new creation especially which are the mission of the special support education, “everyone can know and everyone can learn.” to restore an idea of the original education. In this research failure is in the educational state everyone has, not only the child who needs support especially. Our research team is thinking a possibility that all children fail and learning difficulty to have, supposes that it will be necessary to create the states that all children can learn without a trouble in a class and the activity of the school and push forward a study.  

This paper is the second consideration. It at first confirms the purpose of a study and the hypothesis, compares the Social Studies Textbook for the Special School “Useful for Everyday living” and social studies textbooks for “usual” middle school focused on historical contents and considers the validity of the research hypothesis.  

As a result of consideration, we found that the first raises “easiness” in the point that we clarified as a result of examination by making much of linkage with the life that it is easy to image for a student. The second raises “act accompanying characteristics” by taking up the map which we have used depending on the case that a student is really usable. The third is that we raise “act accompanying characteristics” by learning knowledge that a student travels and lives, and to be usable in case.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
13号
開始ページ
11
終了ページ
25
出版年月日
2015-03
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧