このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44128
本文ファイル
別タイトル
Density of juvenile of tri-spine horseshoe crab Tachypleus tridentatus in the Sone Estuary, Kitakyushu, Japan, with notes on sediment particle sizes in habitats and breeding areas
著者
飯田 健
米谷 まり
中村 龍太
近藤 裕介
林 修
高橋 俊吾
大塚 攻 大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター 広大研究者総覧
キーワード
カブトガニ
密度
曽根干潟
底質
中央粒径値
幼体
tri-spined horseshoe crab
density
Sone tidal flat
sediment
mean diameter of sedimentary particles
juvenile
NDC
動物学
抄録
2016年7月16–18日に福岡県北九州市曽根干潟においてカブトガニの幼体密度・成長段階組成および幼体生息場所・成体産卵場所の底質を調査した.また,海岸に打ち上げられたカブトガニ成体の遺骸のサイズおよび性についても調査した.貫川河口南に生息する幼体の前体幅は8.0–52.0mm (N=68)であった.カブトガニ幼体の密度は875個体/haであった.幼体の密度は岸側から沖に向かうほど著しく低下したが,底質の中央粒径値には差がほとんどみられなかった.打ち上げられた成体の遺骸55個体の前体幅を測定した結果,215.0–377.0mmであった.性比は雄40%,雌56%であり,残りの4%は雌雄を判別できなかった.遺骸には尾剣が折れた個体,卵が体内に残存している個体がみられた.曽根干潟の北方に位置する吉田海岸から南に位置する松山埋立地までの産卵に利用されている7地点の底質は中央粒径値が0.77–2.58mmの砂・礫であった.このことから,曽根干潟では粒径の大きい底質においても産卵が行われていることが明らかとなった.
抄録(英)
The density and composition of developmental stages of juveniles of the tri-spine horseshoe crab Tachypleus tridentatus (Leach, 1819) and sedimentary environment of juveniles' habitats and adults' breeding areas were investigated at the Sone tidal flat, Fukuoka Prefecture during 16 to 18 July, 2016. The sizes and sexes of dead adults beached on the shore were also examined. The carapace width of juveniles collected at the mouth of the Nuki River ranged from 8.0 to 52.0mm (N=68). The density of juveniles was about 875indiv./ha, with the density decreasing in the offshore direction. However, mean diameters of sedimentary particles did not differ considerably among five line transects set up from the inshore to offshore. The carapace width of beached dead adults ranged from 215.0 to 377.0mm (N=55) with sex proportions of 40% male, 56% female, and 4% unidentified. Some dead adults bore a broken tail spine or contained eggs in the bodies. Mean sizes of sedimentary particles at the seven breeding areas located along the inner part of the flat ranged 0.77 to 2.58mm, and tended to be more coarse than at other breeding areas in Japan.
内容記述
本研究は公益財団法人福武財団「平成28,29年度瀬戸内海文化研究・活動支援助成」によって行われたのでここに感謝を記す.
掲載誌名
広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告
15号
開始ページ
1
終了ページ
7
出版年月日
2017-10
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター
ISSN
2189-9436
2432-8448
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
備考
著者最終稿から出版社版へファイル差替え(2017-12-12)
他の一覧